音楽と楽器と人との日々です。


by yochelle
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

10月8日 サカナクション@武道館!!

c0208078_2333179.jpg

c0208078_23331781.jpg

c0208078_23331739.jpg

行って来ました!

結成4年目サカナクション、初 武道館。


取れたのが2階席で、舞台を正面から見られる、若干 しもて寄りの場所。

一緒に行った友達と、サカナクションじゃないみたいだね、すごいね、と話してました。

ついこの前まで、「次のツアー、赤坂BLITZだよ!」って
一郎さん嬉しそうにMCで話してたのにね。

武道館から先、これからサカナクションはどこへ行くんだろう、とか、

お台場での‘08渚音楽祭で偶然、一郎さんを見つけて、少し話して握手してもらったね、
人も少なくて、すぐ近くでライブ見られた人たちが、もう武道館にいるなんて、すごいよね、

開演まで、そんな話をしてました。

ちなみに、結成4年目(MCより)のサカナクション、私の友達は3年前から聴いていて、
その友達に薦められて、私は2年前のRSRで出会ってました。



(長いのでたたみます。まとまらない文章だよー。)











19:00

緊張の中、サカナクション登場。

それぞれの楽器の場所に行ったら、もっちさんがちょうど私から見て真正面にいて。


武道館特有の、あの急な傾斜が怖かったけど、

可能な限り跳ねて、腕を挙げてきました。


ドラムのえじさんの手の動きと、音が届くまでの時差に、会場の広さを感じて。


でも、たくさんの人に聴いてもらって、ここまで来たんだな、と。

それはそれは、素敵なこと。


あの場にいられた事が、私の誇りです。


ライブの会場内、相変わらず凝った演出で芸術的。

スタッフさん素晴らしい。



ライブ、一郎さんの歌、すごかった。

エコーとか(詳しくは分からないけど)、計算すべき所は全て計算されてて、
その上に、こころが叫ぶような歌を重ねてた。


えじさんが、
今までより更に曲の核心部に近づくようなドラムを叩いてて、泣きそうになった。

ライブ始まって、一番はじめに感じたのは、えじさんのすごさだった。


もっちさん。

もっちさんは、やっぱりもっちさんだった。

目を奪われる。

聴こえてくるすべての音の中から、無意識にギターの音を聴き取ってる。

つまり、大好き。

なんであんな音が出せるんだろう。迷いのない、まっすぐなギターの音。


ギター、やっぱり素敵だな。明日から、またたくさん弾くんだ。


英美さん、静と動を操ってた。
『enough』みたいな静かな曲と、跳ねるような楽しい曲。

サカナクションの末っ子と呼ばれる英美さん、
奏でる音も、優しくて繊細な人柄も、大好き。

英美さん、10月5日がお誕生日でした。おめでとうございます!!


愛美さん。

今日も優雅に泳いでたベースの音。
綺麗でかっこよくて。

サカナクションに愛美さんがいなかったら、
サカナクションは崩壊するんじゃないかと、最近よく思う。
(雑誌でレコーディングの様子を知って・・・スタジオミルクでも話を聴いたかぎり。)

一緒にライブに行った友達も、後ろに座ってた女の子たちも、
ベースの愛美さんが大好きだったようで、本当に嬉しそうにベース聴いてた。

なんて素敵な人なんだろう。


『シーラカンスと僕』
最後の所の歌詞がこころに染み込んで、泣いてしまった。


『フクロウ』もすごくよかった。
CDのあの空気感を失わずに、どんどん盛り上がっていく演奏と歌。


『GO TO THE FUTURE』
一郎さんの「もう二度とやらないと言った曲をやります。」という言葉から始まった、この曲。

私は一郎さんの「二度とやらない発言」を知らなかったけど、
なんでそう言ったのかは、なんとなく分かる気がする。

でも、いつになっても、やって欲しい。

変化を恐れないサカナクションなら、現在までの変化の過程にあった曲たちも、
恐れないでほしいというか、否定や封印をしないでほしいと思う。

だって、あんな素敵な曲、他の誰にも歌えないし奏でられない音楽だもの。

去年、駿河台大学の学祭の体育館ライブ以来の『GO TO THE FUTURE』。
学生に囲まれて歌ってくれたあの日の記憶も、こころにしっかりと刻み込まれてるけど、

今日の『GO TO THE FUTURE』も、ずっとずっと忘れない。



それから、最後にMCを。(ニュアンスです。)

メンバー紹介で、一郎さんがもっちさんに、

一郎さん「・・・もっちって、何で"もっち"なの?」
もっちさん「・・・(笑)。姉が付けたのがそのまま広まって・・・30年ちかく"もっち"です。(笑)」

という感じのやりとりが面白かった。

また、英美さんは、ご両親がいらしていたらしい。


そして結成からの話。

一郎さん「結成、何年目?」
もっちさん「4年・・・?」

一郎さん「4年前は、僕ともっちとドラムの江島で、
      アコースティックで『GO TO THE FUTURE』やってたんだよね。」

(私:アコースティックの『GO TO THE FUTURE』!!!!!・・・聴きたい(><)!!!!!)

一郎さん「今、4年前の自分に会って、将来武道館出れるんだって教えてやったら、
       きっと柔道を始めるんじゃないかと思う。」

一郎さん「僕たち北海道出身なんですけど、武道館って来たことなくて。
      某雑誌のMUSICAとかで、武道館は通過点だとか言ったんですけど・・・
      やっぱりすごい。またやりたい!」



・・・全然うまく書けてないけど、すごいライブだった!!







最後に個人的なメモを。

今日は、授業を聞き流しながら(先生&両親すみません;)、
久しぶりにもっちさんにお手紙を書きました。


友達と大学の最寄り駅で合流して、15時すぎに九段下へ。

グッズを買って、軽くごはんをして、ごはんの後、もっちさん以外の4人にも、
小さいお祝いレターを書くことにしました。

初めて見た小樽の海がきれいだった事とか、報告もいろいろ。
頭がうまく回らなくて、あまりうまく書けなかったけど・・・おめでとうだけでも伝わればいいなぁと。

友達も、「私も書こうかな」って言ったので、レターセットをひとつ渡して、
メンバー5人に向けて、お手紙書いてました。

終演後、外の「プレゼントBOX」にお手紙入れたのですが、普通に上から丸見えの箱で、

通る人が、
”この箱なに?あっ、メンバーにプレゼントか!”
”手紙入ってる。 えっ、でも岩寺さん宛なんだ(笑)”

と、箱の横でアンケート書いてたら聞こえて、ちょっと恥ずかしかったりも。笑

でも、ピロウズのさわおさんが「ファンからもらって嬉しいものは手紙」って言ってたという事で、
書きたいときにまた、お手紙書こうと思います。



人生で3回目の武道館、忘れられないライブになりました!!

これからもサカナクション、大好きです。

メモ、おわり。
[PR]
by yochelle | 2010-10-08 23:33 | 音楽