音楽と楽器と人との日々です。


by yochelle
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

6/18 サカナクション@ZEPP TOKYO

c0208078_075741.jpg



お久しぶりに、ライブ更新。

サカナクションのZEPPツアー、セミファイナルに行ってきました!

最近、ちょっと沈んでいて、”もうすぐライブだ、楽しみだ!”という感覚も鈍っていて。
でも、救ってもらったよ。とても。

SEは、太鼓の音で、お盆のお祭りのよう。














c0208078_075777.jpg

c0208078_075774.jpg

c0208078_075755.jpg


写真は、公演後の撮影タイムのもの。



長い長い、ライブメモ。
曲順不同、MCはニュアンスです。


Kleeからスタート。

演奏始まっても白い幕で舞台が覆われていて(演出で)、
イントロのギター弾くもっちさんが見れないと、やきもきしながらも、
幕に映る影だけでとてもテンションがあがる(笑)

モノクロトウキョー、アルク、セントレイなどはじめから飛ばしてる。

かと思えば、フクロウ。
一緒に行ったサカナを教えてくれた友達が始まる前に
「1stアルバムの曲聴きたいね。フクロウ聴きたい」
って言ってたので、アコギ弾き始めた瞬間に飛び上がって喜ぶ。

インナーワールドも久しぶりに聴けて。

2ndアルバムからは、サンプル。

3rdから、Ame(B)、ネイティブダンサー、ライトダンス。
ネイティブダンサーは、5人前に出てきてDJみたいな(?)インスト曲からの入りで。
はじめベース&ギター以外PCから音出して、それにあわせて歌ってたけど、
途中から定位置に戻って、楽器の音で歌う。

今日はWアンコールだったのだけど、
1回目のアンコールがAme(B)で登場、そのままライトダンスへ。
ライトダンス、もっちさんかっこよかった!


壁、歌詞が響いた。
決意したいって。

バッハも。
あのイントロの裏拍の音、やっぱりギターなんだ。
ライジングで聴いたときは泣いてしまって、いろいろ見られなかったから。
今日確認できた。

エンドレスの、岡崎さんのハモりがとても好き。

ルーキー、ひっぱってーを全力で歌う。

アイデンティティー、草刈さんのベースとハモりが好き。

僕と花、泣いてしまいそうだった。

ネプトゥーヌス、綺麗だったな。


アンコールで新曲もやってくれた。
ライブでやったの、今日が初めてらしくて。

ジャンルがわからないのだけど、ふわーっとしてて、なんだかちょっと北海道の感じがして、
でもギターがギターらしい音で鋭く鳴っていて。

ビクター様から、曲名も発売日も秘密ですってカンペ出ていたらしく、
詳細は秘密でした。



Wアンコール2回目までほぼMCなし。

Wアンコール2回目は、メンバー紹介を。

もっちさんからスタート。
もっちさん、東京はなんだか緊張しますね、って。
少し声がかれてた。

今日あまり飛び跳ねないな、
やっぱり明日の最終日だから体力残してるのかななんて、ほんのちょっと思ってたけど、

全力で綺麗なハモりを歌ってくれてるんだ。

その後、
一郎「もっちライトダンスのイントロ間違えたよね!」
もっち「そう、全国いろんなところでイントロ間違えてるんだよね(笑)」
一郎「ちょっとイントロ今弾いてみてよ!」
もっち「え、うん。(エフェクター踏んで) ♪~」
 私(わー!!!!かっこいい・・・)
一郎「弾けてる!笑」

みたいなやりとりが。笑

曲からギターだけ取り出して聴けるなんて、めったにないから、
すごいテンションあがりました。笑

メンバー紹介は、岡崎さんへ。
今日どう?みたいなこと一郎さんに振られて、

いや、奥のほうまでずっと人、すごいですね。
ふふ。手をあげてたとき、すごかった。

みたいな感じのことを。
いつも言葉は少なめなんだけど、岡崎さんのお話大好き。
本当にかわいい空気が出てて、癒された・・・。

次は草刈さん。
グッズの話をしたら、一郎さんに話をもってかれて、
一郎さん、大プッシュの”うろこグッズ”を語る語る。
「あっ、ごめん、草刈のときなのに俺しゃべっちゃった」
「いいよ。グッズ考えた本人だものね。話してもらってよかった。」
と、本当に優しいお姉さまでした。

次に江島さん。
ZEPP TOKYOは、ZEPPの中で一番大きいんだよね、というお話を。
そして途中でなんだか一郎さんに話をもってかれて、
「ボーカル、山口一郎!」とそのまま一郎さんへ振る。

最後、一郎さん。
僕と花、シングルとしては、ライブチケット先行抽選の紙も入れず、
通常版と初回版で分けて売り上げを伸ばすでもなく、直球勝負で出した。

でも、前回のシングルより成績(成績、という言葉を使ってたのが印象的だった)がよくて。
ドラマ主題歌になった影響もあるかもしれない。

僕はテレビ好きじゃないんだ。
出るのは、ということで、見るのが嫌いなんじゃないけど。
今日もメディア関係の人が二階席にたくさん来てると思うんだけど、
メディアも大事なんだなと思う。

だから、必要なときにはがんばって出ようと思う。

僕と花を聴いてサカナクションのライブ来てる人がいたら、
今日突然、(例のDJみたいなの。言葉は聞き取れず)始まってインスト曲やってるの見て驚くでしょ。
でも、それってすごいじゃない?

これからも、5人で固まって、頑張りたい。

みたいな感じのお話。

一郎さん、いつも真剣で、たくさんを背負いすぎて、痩せちゃって、心配になるけど。
がんばって。


そして、一郎さんが話してる途中から、

あの音。

ナイトフィッシングイズグッドを始める前の、楽器の音。


やってくれるんだ。聴けるんだ。
すごくうれしかったな。

いつかさよなら 僕は夜に帰るわ

CDみたいに、この後から楽器がたくさん入るやり方、最近変えたのだよね。
もう少し、一郎さんギターだけで弾き語る。

ナイトフィッシングイズグッドは、私にとって、やっぱり特別な曲だな。
ずっと。

とても、北海道のにおいがする気がする。
最近、ツイッターで一郎さんが、
「ナイトフィッシングイズグッドは札幌のスタジオミルクで生まれた」
と書いていて。

the pillowsのさわおさんが使ってたスタジオ。
私はRSRの時、併設してある喫茶ミルクに行ってみたりしていて。

運命みたいなものも感じたりする。

でもそれ抜きにしても、1zt、2ndアルバムの曲は、北海道の空気を感じるんだ。
今日改めてそう感じました。

アンコール終わって写真撮影タイム。

一郎さんよくライブ後ステージから、ツイッターに上げるのに写真撮ってたけど、
お客さんも撮ってツイッターにあげていいよ、ということで撮影大会。

メンバーがステージ歩いたり笑ってくれたりする中、

もっちさんは、ニコニコしながら客席撮ったり、笑顔で客席近づいて写真撮らせてあげたりと、
まるで人懐っこい犬、いや天使のようでした。笑

そんな様子をパシャリと。

でもこれも、話し合って、覚悟を持って、戦略としてやってるのだろうな。
がんばるなぁと、帰り道思った。


サカナクション、ライブ楽しかった。

もっちさんが本当に大好きだということもまた、思った。
心がえぐれるくらい、ギターかっこよかった。

本当に元気出たな。


ありがとう。





・・・今年も、ライジングに出てくれますように。
[PR]
by yochelle | 2012-06-19 01:53 | 音楽